バイアグラに並ぶ即効性が特徴のレビトラ

元気を出す男

レビトラは世界で2番目に承認されたED治療薬です。
主成分のバルデナフィルは勃起不全の原因であるPDE-5の働きを妨害してくれます。
バルデナフィルは水に溶けやすいので即効性が高いです。さらに、食事の影響を受けにくいという特徴もあります。
こういった特徴からとても人気があり世界中の人が服用しています。正しい服用方法を守れば勃起をサポートしてくれます。

レビトラは即効性が高いので、早い場合だと服用してから20分ぐらいで効果を実感できるでしょう。
即効性がある薬には持続時間が短い場合がありますが、レビトラはそうではありません。持続時間は服用する容量によって違います。
レビトラには5mgと10mgと20mgがあります。レビトラを購入する人は10mgか20mgを選ぶ人が多いです。
持続時間は10mgだと5時間から6時間ぐらいで、20mgだと8時間から10時間ぐらいです。
できるだけ効果を長引かせたいと20mgを選ぶ人もいるかもしれませんが、まずは5mgか10mgから試すのがいいです。

効果が現れる時間は食事によって変わってくるので気を付けましょう。
レビトラは食事の影響を受けにくいですが、まったく影響を受けないわけではありません。
カロリーや脂肪量には注意が必要です。満腹時よりも空腹時の方が早く効果が現れます。
ですので、効果を最大限に発揮させるためにも空腹時に服用しましょう。

レビトラは医療用医薬品なので処方箋がないと購入できません。
ですが、インターネットで個人輸入代行業者を探して購入することもできます。

レビトラのジェネリック医薬品も販売されていますが、正規のものではないので服用しない方がいいです。
偽物のレビトラが販売されていることもあるので気を付けないといけません。ですので、信頼できる個人輸入代行業者を見つけることが大切です。
評判のいいところで購入すれば問題ありません。レビトラを服用してEDを治療しましょう。

レビトラの副作用とは?

レビトラはED治療薬なので勃起をサポートしてくれます。
勃起不全を治療したいとレビトラを服用している人はたくさんいますが、それだけではなく、食事に気をつけないといけません。
また、副作用にも注意が必要です。主な副作用は、血管拡張作用によって現れる顔のほてりや目の充血です。

他には頭痛やめまい、動悸や鼻づまりなどの副作用が現れる場合があります。
こういった副作用は性行為に支障はない程度なので問題はありません。頭痛がひどい場合は、市販の痛み止めを飲むと良いです。

副作用でめまいがする時は車の運転は避けましょう。事故を起こすと大変です。
車の運転中にめまいが起こる場合もあるので、服用中はできるだけ車の運転はしない方がいいかもしれません。
副作用がひどい場合や時間が経っても治まらない場合は医師に相談しましょう。

レビトラの副作用はほとんど軽いものなのであまり心配する必要はありませんが、普段から薬を服用している人や健康状態が良くない人の場合は重篤な副作用が現れる場合があります。
ですので、自分の判断で服用するのではなく、副作用のリスクを減らすためにも服用する前に医師の診断を受けた方が良いです。

硝酸剤を使っている人がレビトラを服用すると急に血圧が低下する場合があるので大変です。
脳梗塞や脳出血などの既往症、重い腎障害や肝障害やある場合は服用を制限されたり禁止されたりしてしまいます。
レビトラと同じ主成分のバルデナフィルが含まれているジェネリック医薬品は安く購入できますが、安全性や効果が保障されていないものが多いので注意が必要です。
注意点や副作用にはくれぐれも気をつけて、安全にレビトラを服用しましょう。
そうすれば、しっかりとした効果を得られます。